What's New

~TOPIX~
【予告】
期間限定【2018年9月1日~9月30日】
「あなたの会社の株価を無料で算定します。」
プロが使う計算方式(DCF法)で貴社の投資価値としての株価を無料で計算します。先着10社様


【’18.03】2018年8月1日
「IFO増資 株式型クラウドファンディング 成功のコツ」セミナー
募集終了】ありがとうございました
【’18.06】
期間限定(2018年7月31日まで。先着10社)
「あなたの会社の株価を無料で算定します。」
募集終了】ありがとうございました
【’18.05】
株式型クラウドファンディングの解説ページを追加しました。


【’18.03】2018年4月4日 
「IFO増資 株式型クラウドファンディング 成功のコツ」セミナー
(お席に余裕あります。)【募集終了】

【’18.02】2018年3月7日 
「補助金、助成金より簡単 資金調達」ATM会ランチセミナー
(満席となりました。)【募集終了】
【’18.01】2018年1月25日 
「解禁! クラウドファンディング増資 成功のコツ」セミナー
満席となりました。【募集終了】
1DAY研修スケジュール

  ※2018年1月17日(水)
    10:00~18:00 満席
【募集終了】
  ※2018年1月20日(土)
    10:00~18:00 残席2席
【募集終了】
【’17.12】2018年1月25日 「解禁! クラウドファンディング増資 成功のコツ」セミナー開催決定【募集終了 満席御礼】

【'17.12】DANベンチャーキャピタルと業務提携契約を結びました。

【’17.12】12月6日 起業家向けセミナー開催【募集終了 満席御礼】

【'17.11】日経BP総研と業務提携契約を結びました。

【’17.09】経営理念浸透プログラムを開発し、当社としては初めて社員研修を実施しました。
【’17.08】8月22日 戦略構築セミナー開催しました。 

【’17.07】月22日開催 戦略構築セミナー【募集終了 満席御礼】

【’17.07】7月26日開催 売上拡大オープンセミナーの実施しました。

【’17.03】イノベーションデザイン・ラボ様に参加しフェロー会員としてエントリーしました。

【’17.02】お取引様を通してNEXCO・EAST様にゼコスを試験導入いただきました。

【’16.10】
関連会社「ゼコス販売」を設立しました。

【’16.07】経営実践研究会の在り方大学に招かれ中期経営計画の作成法をレクチャーしました。
【’16.03】バングラデシュ支援基金が1900万円になりました。【募集終了】
【15.10】バングラデシュ支援基金の東京財務局への届出が受理されました。
 

セミナー参加者特典

セミナーに参加された方はこちらへ
 







 

社長挨拶

佐藤公信(サトウキミノブ)1960年11月生まれ O型
創業者専門の経営コンサルタント。

◎ 1983年3月 立教大学 社会学部卒
◎ 1983年4月 株式会社西武クレジット(現:株式会社クレディセゾン)入社
・ 在籍全期間を企画部門に配属。事業計画の策定及びマーケティングを担当
・ 入社7年目で管理職(課長)28歳9ヶ月での管理職
◎ 1995年10月 ソニー生命保険株式会社 ライフプランナー(外務員)
・ 生保外務員の世界組織であるMDRTを3年連続獲得
・ 社内資格制度(社長杯を3年連続獲得
◎ 1999年10月 ㈱ディー・ブレイン主催 ベンチャーキャピタリスト養成スクール修了
◎ 2000年10月 株式会社パブリックトラスト設立 代表取締役(現任)
◎ 2011年 5月 株式会社楽市楽座設立 取締役就任(現任)

12年間企画畑で過ごした㈱クレディセゾンで修得した戦略構築のノウハウを独自に体系化したメソッド「ストラテジックタワー」をこれまでに約1600人の社長に提供してきた。
創業者の夢や構想を企画化し事業計画書を作成する専門家として経営者を支援し、事業の成長はもとより事業計画書を活用した資本提携や資金調達も支援している。
特に投資による資金調達に特徴がある。最近クラウドファンディングと呼ばれる手法でグリーンシートでの株式公開を使った個人投資家からの投資獲得社数は7社と支援数国内最多。
2010年10月  戦略構築の基礎を解説したビジネス書「もしワンピースファンの女子大生が起業したら」を出版。発売から 3ヶ月で増刷のベストセラーになる。
2013年からはIPO支援に加え起業家 創業者支援にも傾注している。
 
 私は 大学卒業を間近に控え、他の学生と同様に就職活動をしていました。人気職業だったマスコミへの就職にチャレンジし、夢破れた私は翌年に再挑戦するため恩師であるゼミの教授に留年をお願いに行きました。その時、「以前経済同友会のワーキンググループで一緒に仕事をしたことがある面白い男がいるから、だまされたと思って一度会ってみなさい」と諭され、面談に行ったのは東証一部上場ではあるものの業績が悪化し西武百貨店から資本と人材を投下し建て直しが決まったばかりの西武クレジット(現在のクレディセゾン)の企画部長の肩書きの甲高い声でまくし立てる人でした。
 「マスコミ志望です。30秒で人を動かすコマーシャルを作るクリエイターになりたいんです」と私。「30秒なんて人からすぐに忘れ去られちゃうよ。30年の単位で考えてみたらどうだい?」とその方。そういう考えもあるかな~と思っている私に「うちは今はまだゼロだけど日本一のカード会社になるから一緒にやる気はないか」「一人で有名になるのもいいけど、組織で大きな仕事するのがビジネスの面白さだよ。私はいずれ社長になるから」との言葉にさらに衝撃を受け、その人柄にほれて就職したのが私の社会人人生のスタートでした。
1年の研修期間を経て配属されたのは、その年早速取締役に昇進していた、かの企画部長の下でした。以来クレディセゾンを辞するまでの12年間ずっとその方の下で経営戦略論を叩き込まれ訓練を受けることになりました。
 潰れそうな小売業をクレジットカード会社に業態転換させゼロから日本一の会社にしたその戦略の根底を支え実現させたその方が、現在のクレディセゾンの代表取締役社長の林野 宏さん、私の人生の恩師です。
 12年の間で事実日本一に上り詰めたその戦略構築の仕事をさせてもらい、その基礎と企画立案の要を学ばせてもらいました。現在、お客様に提供している経営戦略構築メソッド「ストラテジックタワー」の原点です。

 35歳のときに 独立を志向して、ソニー創業者の盛田昭夫氏の「あなたもアントレプレナーになりませんか」のビデオメッセージを見て感化され、ソニー生命のライフプランナーになりました。クレディセゾンで学んだ企画力と仕組みで顧客を開拓する営業を実施し、年に2度ある社内コンテストでは常時上位で入賞し年間でも毎年表彰をいただく成績をあげ、世界中生保営業マンの上位6%が得られるMDRTの称号も3年連続でいただくことができました。
 その時に作った仕組みというのが、中小企業社長のための「銀行に頼らない資金調達法」でした。具体的にはベンチャーキャピタルや個人投資家から出資を受けるお手伝いをすることです。出資を受けるには「経営戦略」を書面にした事業計画書を作らなければなりません。銀行融資とは異なり数字中心の計画では相手にされない世界です。しかし、中小企業経営者やベンチャー企業経営者に緻密な事業計画を立案し書面にできる人は少なく、クレディセゾンで学んだ戦略構築のスキルと企画力でサポートし、資金調達ができたら株主への責任として死亡保障に入っていただくというものでした。
 何件も成功を重ねそのうちの一社が株式公開を果たすと、資金調達の成果報酬を主な仕事としていた各分の専門家の方々から「保険屋が場を荒らしている」というバッシングを受けるようになり、また、病気や死亡したときに感謝される保険よりも拡大のチャンスを得て喜んでくれる経営支援の仕事に心引かれ、独立をする覚悟をしました。
 当時、ソニー生命には代理店として独立する制度がなく、辞めてしまうと継続的に将来7年にわたって得られるはずの販売報酬(合計で3~4千万円くらいかな)が入ってこなくなるという後ろ髪を断ち切っての独立でした。

 40歳を前に した2000年10月株式会社パブリックトラストを資本金1000万円で設立。当初は顧客とマンツーマンで経営戦略を作ってはベンチャーキャピタルに持ち込み、途中2005年ころからは現在はクラウドファンドと言われる手法でグリーンシート市場に株式公開し個人投資家から出資を募る、という一社一社に職人技として戦略構築を手伝い成長資金を調達するというものでした。
 ちなみにグリーンシートへの株式公開支援数は日本最多の6社、ベンチャーキャピタルと個人投資家を合計して15億円程度の資金の獲得に貢献しました。

 2008年10月コンサルタントは口先だけだという声に触発されて、株式会社パブリックトラストもグリーンシートに株式公開を果たしました。当時、経営コンサルタント会社で新興市場に株式公開していたのはあの船井幸雄さんの船井総研さんと当社だけ、しかも全国の株式公開会社の中で最小規模という特徴をウリにし実践するコンサルタントを標榜していました。
ところが、、、、
 株式公開の前々週、まさかのリーマンショックが勃発。日経平均12200円が6000円台へと急落、当社の顧客は激減、投資家も消滅、当社もやむなく翌年に株式公開を廃止。6社公開支援した会社も5社が公開廃止。ほかにも顧客数社が倒産、破産という状況を目の当たりにしました。そして当社も全社員を解雇のやむなきにいたるという苦渋を味わいました。
 この失敗から学んだことは、「経営理念」の重要性です。いざというとき経営理念がすべての原点であり原動力となるということを、身を持って体感しました。以前から理念の重要性を説いてきましたが、さらに深くその重要性を感じるにいたりました。現在、私が「ストラテジックタワー」で戦略を構築する際に「経営理念」に執拗までにこだわるのは、理念が会社を伸ばし、救うことを知っているからです。

 2009年 にベンチャー企業の直接金融の可能性を広げる事を目的に、「日本企業家協議会 JEENS(ジーンズ)」を発足させ、名誉会長にH.I.S.創業者の澤田秀雄氏、会長に株式会社アクロネット代表の石田知義氏をお迎えし事務局長としてベンチャー社長の育成活動もしています。

 株式公開廃止後も、株主のご理解と多くの経営者仲間など協力者のおかげで事業を存続させる事ができ、2010年10月には、初めての著書「もしもワンピースファンの女子大生が起業したら」を出版、3ヶ月で増刷となるベストセラーとなりました。
 そのお陰もあって起業家・創業者に高い評価をいただき、2013年からは資金調達支援に加え、ベテラン社長の経営イノベーションの支援や創業を考えている人、創業して間もない人の支援も行っています。

 2014年からは 株式市場の活性化が予測されています。「地に足つけた地道で着実な株式公開」というコンセプトを復活させてIPO支援にも再参入しようと計画し、協力者と共に3億円のファンドを設立します。また、法的整備がすすむ「クラウドファンディング」を正しく活用するノウハウを社長向けに提供していく所存です。
 創業する人でもIPOを目指す人でも大企業の社長でも経営の真理はひとつです。「経営理念と戦略の構築」が成否をわけます。私は「だれでも一流の経営戦略が構築できる」をコンセプトに構築メソッド「ストラテジックタワー」を使って経営者を支援してまいります。

 多くの社長と出会いを通してわかったことは、ほとんどの社長が孤独であると言う一方で一部の成功する社長にはたくさんの仲間がいて人気者であること、実はこの違いが原点ではないかと思うのです。性格が明るいとか社交的であるか問題ではありません。自分の理念と戦略を明示する事が成功の第一歩と固く信じて皆様にお勧めしています。

 私の人となりを少しでも理解していただきたく、文章形式でプロフィールと会社の沿革を紹介させていただきました。全文読んでいただきました?ありがとうございました。