What's New

~TOPIX~
【予告】
期間限定【2018年9月1日~9月30日】
「あなたの会社の株価を無料で算定します。」
プロが使う計算方式(DCF法)で貴社の投資価値としての株価を無料で計算します。先着10社様


【’18.03】2018年8月1日
「IFO増資 株式型クラウドファンディング 成功のコツ」セミナー
募集終了】ありがとうございました
【’18.06】
期間限定(2018年7月31日まで。先着10社)
「あなたの会社の株価を無料で算定します。」
募集終了】ありがとうございました
【’18.05】
株式型クラウドファンディングの解説ページを追加しました。


【’18.03】2018年4月4日 
「IFO増資 株式型クラウドファンディング 成功のコツ」セミナー
(お席に余裕あります。)【募集終了】

【’18.02】2018年3月7日 
「補助金、助成金より簡単 資金調達」ATM会ランチセミナー
(満席となりました。)【募集終了】
【’18.01】2018年1月25日 
「解禁! クラウドファンディング増資 成功のコツ」セミナー
満席となりました。【募集終了】
1DAY研修スケジュール

  ※2018年1月17日(水)
    10:00~18:00 満席
【募集終了】
  ※2018年1月20日(土)
    10:00~18:00 残席2席
【募集終了】
【’17.12】2018年1月25日 「解禁! クラウドファンディング増資 成功のコツ」セミナー開催決定【募集終了 満席御礼】

【'17.12】DANベンチャーキャピタルと業務提携契約を結びました。

【’17.12】12月6日 起業家向けセミナー開催【募集終了 満席御礼】

【'17.11】日経BP総研と業務提携契約を結びました。

【’17.09】経営理念浸透プログラムを開発し、当社としては初めて社員研修を実施しました。
【’17.08】8月22日 戦略構築セミナー開催しました。 

【’17.07】月22日開催 戦略構築セミナー【募集終了 満席御礼】

【’17.07】7月26日開催 売上拡大オープンセミナーの実施しました。

【’17.03】イノベーションデザイン・ラボ様に参加しフェロー会員としてエントリーしました。

【’17.02】お取引様を通してNEXCO・EAST様にゼコスを試験導入いただきました。

【’16.10】
関連会社「ゼコス販売」を設立しました。

【’16.07】経営実践研究会の在り方大学に招かれ中期経営計画の作成法をレクチャーしました。
【’16.03】バングラデシュ支援基金が1900万円になりました。【募集終了】
【15.10】バングラデシュ支援基金の東京財務局への届出が受理されました。
 

セミナー参加者特典

セミナーに参加された方はこちらへ
 







 

増資を目指す経営者向け

 経営者c 経営者b 経営者a
 
◎エクイティで資金調達するということ
 日本はデッドでの資金調達が一般的だが、リスクのある新規事業なら、ベンチャーキャピタルや新制度の株式型クラウドキャピタル(IFO)によるエクイティ(増資)を積極的に活用するべきだ。
 銀行融資や政策公庫の融資のように連帯保証をする必要がない。借入れがなく資本金が厚ければ経営が安定する。メリットだらけのエクイティファイナンスを知って欲しい。
  
◎借入と増資のメリットデメリット
 日本では借入れにより資金調達することが多い。この場合、必ず社長が連帯保証をすることになる。これは日本特有の習慣だ。
 連帯保証とは銀行に言われたらいつでも理由がなくても社長自身が返済しなければならないという制度だ。エクイティには原則として連帯保証はない。融資のように失敗したら自己破産で身包み剥がされ家庭崩壊などという心配はない。
 エクイティの資金は会社のものなので返済は不要だ。ただし会社のものであって社長のものではないので勘違いしないように。

◎資金を集めるという意味
 インターネットで広く浅く、あるいは自分の知り合いにも連絡をして、1口25~50万円を出資してもらうのが株式型クラウドファンディングだ。借りるのではない出資(投資)してもらうのだ。
 の成長を期待しているから出資するのだ。貴社が成長すると出資した人は何のメリットを期待しているのかを理解し、その実現を果たさなければならない。寄付をするのではない。応援の気持ちとともに見返りも求めて出資するのだ。彼らが期待する見返りは上場だ。出資して取得した貴社の株を成長した後、売って回収するのを楽しみに上場するまでの期間、お金を使わせてくれるのだ。

◎上場とは何か
 上場は決して資金調達のためだけの手段ではない。まして経営者の金儲けの手段でもない。
まあ、成功すれば儲かるが。。。。 上場(株式公開)とは、決められたルールに沿って、自社の経営状況を開示し株が売買できる状態にすることだ。新規株式公開とか新規上場とかIPO(Initial Public Offering)という。厳しい審査に通るので、信用できる会社としての評価を得られるのだ。上場すると言うことは、日本の企業のTOP 0.2%の仲間入りをするということなのだ。ものすごい信用力がつくので仕事がしやすくなる。是非目指して欲しい。

◎資金調達を成功させるコツ
 株式型クラウドファンディングでも、VCでも共感により出資がされる。金が儲かるよ。というのも共感には変わりないが、単に儲かるではなく投資家が経営者と同じ将来を夢見てワクワクしてもらって出資をしてもらうと、仲間になる。何よりも将来のトラブルがなくなる。
 出資はドキュメントだけで提示する。社長が直接プレゼンをする機会はない。ワクワクは経営理念と事業計画書のドキュメントで感じてもらうしかない。
 経営者の初級レベルから上級レベルまで必要なことは記載してある。自分のレベルに合わせて上のボタンをクリックして読んで欲しい。